Just another WordPress site

富士登山の歴史
未分類 | 01月08日更新

登山で使用するメリットデメリット

登山用の杖を「ステッキ」「トレッキング・ポール」などとよびます。
腕の力を遣うことで、足への負担を軽減することが出来ます。これはひざへの衝撃も同時に減らしてくれますから、特に下山時のひざへの衝撃緩和にはとても有効です。坂道などで軽くバランスを崩した時などは、立て直すことが出来ます。また、ステッキを使用することで、バランスを崩さないようにもなります。
登山の手助けをしてくれるステッキですが、300g"

" (続きを読む...)

未分類 | 01月08日更新

登山用ステッキとスキー用ストックの違い

ストックとはドイツ語で杖のことで英語ではステッキといいますが、登山用のものはトレッキングポールというまったく違う名前で呼ばれています。
形状はどちらも同じ様な形をしていますが、スキー用の物のほうが長くなっていて、登山用のほうは携帯しやすいように伸縮が出来るようになっているのが最大の違いです。これは上る時は短くして、下る時は長くと言うように調整して使います。
登山用のステッキは突くことで腕の力を使う"

" (続きを読む...)

未分類 | 01月08日更新

最低限揃えたい登山用品

安全に登山を楽しむには最低限の装備が必要です。低い山でも装備をおろそかにして登ってしまうと、時には遭難の恐れもあります。最低必要な登山用品に「靴」があります。履いて登る靴によって足裏、足首の安全性が違ってきますし、疲れ方にも大きく影響します。足の体力を維持するかはとても重要で、スニーカーなどで登らずに登山靴を用意して登ることが大前提です。また、登山用品店で靴を購入しても、履きなれていないと硬くて歩

" (続きを読む...)

未分類 | 01月08日更新

富士登山競走の歴史とコース

日本で一番過酷な山岳レースと言われる富士登山競走の歴史は古く、1948年(昭和23年)に第1回大会が行われました。毎年7月の第4金曜日に行われ、今年は第68回大会を迎えることになります。コースには五合目コースと山頂コースがあり、制限時間が設けられています。通常のロードレースとは違い、足場の悪い登山道を一気に駆け上るレースのため初心者の場合、充分な練習が必要でしょう。完走するランナーが50%に満たな

(続きを読む...)

未分類 | 01月08日更新

どうしたらいい?登山中の突然のめまいふらつき

登山中に突然のめまいやふらつきがあったときは、まずは立ち止まって休憩をして様子を見てみることです。というのも、足元がおぼつかない状態でなんとか下山しようとか、助けを求めようとすると、正常な判断ができないので正規の登山道から外れたり、崖や川へ落ちたりする危険性があります。怪我をすると帰って動けなくなってしまいます。仲間がいる場合は助けを借り、一人の場合は通りかかった登山者に助けを求めるのがよいです。

(続きを読む...)